2016年11月13日日曜日

読みやすい文章の文字数?

もう冬です。前回更新が10月前くらいだったので1ヶ月半くらい立ってます。ブログ書きましょう。

 さて、私はブログ書いてる時に文字数をカウントしていて、大体1000文字以上になるように意識しています。特にこれといった理由はなく、SEO的には最低そのくらいあったほうがいいという話を聞いただけです。しかしある時文字数について考えてみたら、あれ1000文字もいらないんじゃないかと思い始めました。

何故か私はキーボードで文章を書くときは(特にメカニカルキーボードで書いてる時とか)少なくとも500文字くらいは書けるんですが、紙とペンで書くとまあまあダメで、キーボードで書く時と同じ内容でも原稿用紙1枚行かないくらいになってしまいます。ノートとかに手書きで書いて結構書いたと思ってもだいたい600文字くらいになるんです。

 通常のブログの平均的な文字数はどのくらいなのかわかりませんが、1000文字は原稿用紙2枚半、2000文字は原稿用紙4枚と考えてみると、結構な文字数ありますよね。何か専門的な記事かもしくは好きなブロガーでもなければそこまで文字数いらないんじゃないかと思います。

なにせ暇つぶしを兼ねることもあるブラウジングの中で、原稿用紙数枚に相当する量の文章を気軽に読むのは……ちょっと本格的に調べようと思っている人には通じるかもしれないけど暇つぶしで読む気にはならないかな、という感じだと思います。


 こう考えるきっかけはちょっと長い記事があるなと思って文字数測ってみたら1200文字くらいで、ありゃそんなに長くなくねと思ったことからです。
 

なんか個人的には文字数増やして(というか中身を増やして)書こうとする筆者と、あっさり読みたくなる読者としての違いなんてのもあるのかな、と思います。

 じゃどういうくらいがいいのか……というと読む人によるという結論に至るしかないのですがね。必要な情報を求める時しかこういう記事を覗かない、ディープな情報がほしい、という人が来るような記事はそれだけ内容をこく(文字数を多く)しなければならないでしょうし、軽く暇つぶしなどに気軽に読める記事を書きたいという時はあっさりとした感じでいいと思います。

このブログの場合は(配列関係などのことはともかく)基本あまり内容が濃くないので、あっさりした、少なめの文字数のほうが読みやすいのかな……と思います。


 というこの記事の文字数は約1000文字です。ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿