2015年11月29日日曜日

Chromebookが欲しい!快適な物書きメモ環境が作れそう!

1 前置き

  皆さんChromebookって知ってますか?
割と最近話題のChromebookですが、多分これをよく知っていて、しょっちゅう使っている人は
少ないのではないのでしょうか。 でも「欲しいかも」と思う方もいらしゃるのではないでしょうか。
  私も最近その症状にかかってしまい、非常にChromebookが欲しくなってしまいました。
というわけで、今回私がChromebookを欲しくなった理由をつらつら書きたいと思います。

2 なんで欲しいの?

  まず第一の理由は、メモ取り物書きマシンが欲しくなったということです。
今メインで使っているのはHPのCompaq620で、15インチのそれなりに大きくて重いどちらかといえば据え置き型のマシンでしたが(まあそれを持ち運びしていたのも事実なんだけども)、
これでなにか思いついた時などにすぐに使おうと思うとそうも行かないわけです。
 というわけで真っ先に思いついたのはポメラです。

3 ポメラはどうなの?

  ポメラは割と素直なマシンで、多分普通はこれで十分です。
私もはじめはポメラでいいじゃんと思ったのですが、これではダメな理由が一つだけあったのです。

4 ポメラじゃダメなの?

ダメな理由はただ一つ、
 「キーバインドの設定ができない(ついでにDvorakも使えない)!」
 これに尽きます。だってEmacsバインドが馴染んできてしまっているんです。
過去にもEmacsの記事書いていますのでリンク貼っておきますが、まだまだ使いこなせてはいませんがなんか馴染んでいるんですね。

前に書いたEmacsの記事

そうすると、もちろんポメラは標準キーバインドですので、どんどんストレスが溜まりそうです。
メモするたびにストレスが溜まっては話にならないわけです。
そのため私はポメラは向いていないと思いました。

5 それでもなんでChromebook?スマホ&キーボードの方が手軽じゃない?

実はそれ試したことあります。確かに手軽です。
でも欠点もあります。それはとても重いこと。
 私の使っているのはXperiaUL。今となっては結構重い。常にメモリ空き容量が300MBとかきつすぎる。これでエディタ使おうとしたらまともに使えない。

6 Chromebookの利点は?

まずOS。
ChromeOSはLinuxです。しかもちょっと前までUbuntuベースでした。

前に書いたUbuntuに変えてから変わったこと

LinuxはほかのOSと比べて自由が効くことが多いです。 そのため、Dvorak配列が使えることが多いです。
更に、ChromeOSは拡張性があるので、Emacsキーバインドで操作することができます。

さらに本体も軽く、デザインも悪くない。11インチで持ち運び自在と、かなりいい出来です。
 極めつけはGoogleリモートデスクトップ。母艦のマシンにアクセスすることができます。
 あとかなり安い。
この利点たちはかなり魅力的です。なんせDvorak配列Emacsキーバインドで操作できる物書きマシン。最高じゃないすか!

7 デメリットないのデメリット?

正直この使い方だとほぼないんじゃないかなと思います。
物書きメインだとあまりストレージも必要ないし、メモリも必要ない。うん、ほとんどないと思います。
ただGoogleが信用できない時はやめたほうがいい気がしますね。

8 結局買うの?

ほしいです。でもお金ないです。買えるように努力します。
もし買ったらレビュー載せようかな。

9 今回はこれで終わりです。

今回も見てくださりありがとうございます。次回もよろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿