2015年9月6日日曜日

今に至るまでのLinuxディストリビュージョンの話

 自分は、Linuxのディストリをしょっちゅうかえているのですが、今回はこのディストリについて書きたいと思います。


 まず前回の記事について訂正します。初めてLinuxを使おうとしたのはもうすこし前です。ノートパソコンでLinuxを使おうとする前、古いXP時代の自作PCにLinuxを導入しようとしていました。そのとき使おうとしたものが、LinuxBeenでした。
でその後、Antregosを使おうとするも失敗しました。

 ノートパソコンが戻ってきたとき、きっと無理にデュアルブートをマイナーなOSでやろうとしたから失敗したんだと思い、今度はUbuntuに替えてみたらあっさり成功。そのまま使い続ければよかったのですがなにを思ったかXubuntuに替えたんですね(ちなみにバージョンはこの時15.04にしてありました)。

それでしばらく使っていたりなんかUbuntustudio化させたりして遊んでいたのですが

なぜか途中でタッチパッドが反応しなくなり、まだほとんどデータが入っていなかったことと、Ubuntu系列のもののインストールになれてきたため、またOSを入れ替えをしようと思い、またAntregosをインストールしようとしましたがもれなく失敗。

追加でUbuntuもインストールして見るが失敗。Ubuntuだけ残し、他は消し飛しました。

 そのUbuntuをUbuntuStudio化し、しばらく使っていたのですが、途中でElementaryOSなるものを発見。どうやらOS X似のシンプルなものらしく、気になってインストールしてみたら、意外といいもので。ただ自分のPCだとたまにチラつくのが気になったりして結局UbuntuStudioに戻し、今現在使っています。

 Ubuntuを入れたらほぼ必ずUbuntuStudio化しているのは主にこういうものへの憧れと、RTカーネルが使えるから、ということがあるからです。

RTカーネルは普通のカーネルだとうちのCompaq620がサスペンドができない(復帰したときにファンが高速回転して固定化される)ので使っています。
 また最近は、ディストリを替えるのではなくパッケージで導入(MATEとかGNOME3とか)を主にしています。

  今回の記事は以上となります。ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿